秋よ来い!早く来い! というか、早く涼しくなってほしいですね。 着物をガンガン着れる秋、早く来ーい!    毎回「わたどう」の着物が楽しみです。

ハギレで丸ぐけを作る。

おうちで着物!

そして、必ず訪れる着物でお出かけに向けて丸ぐけを作ってみました。

組紐を作るには時間と労力、そして根気と忍耐が相当必要です。

しかし!

丸ぐけは簡単です!

生地さえあれば、ホホイのホイ!で、できますよ。

ハギレでも良し、使わない半衿でも良し、です。

さあ、始めましょう!

準備するもの

お気に入りの生地を用意します。

こちらは気に入って買ったけれど使う機会のない半衿で、キラキラのデコ付きです。

もう一方はリサイクル着物ショップで見つけた生地です。半衿にしていましたが今回丸ぐけに!

両方とも半衿の長さ(約80cm)なので真ん中で継ぎます。

丸ぐけ用生地

 

 

こちらはその他準備品です。

丸ぐけ用準備品

 

  1. ハギレか半衿などの薄手の生地:幅5㎝×長さ160㎝
  2. アクリル毛糸(並太)白:158㎝×16 計25.28m
  3. アクリル毛糸(並太)白:10㎝×2 計20㎝
  4. 菜箸、箸、マドラーなどの固くて曲がらない細い棒 1本
  5. ワイヤー1.5m
  6. ペンチ
  7. 接着剤(できれば速乾性)
  8. 目抜き(生地を折り込んだり引き出したりで、あると楽です)
  9. ソーイングセット

 

アクリル毛糸とワイヤーは百均ですが、家にあるものでもOK。

 

 

ワイヤーの準備

  • チューブ状の生地を返すワイヤー

ワイヤーチューブ返し

 

チューブに通すので、ペンチで先を丸くします。通す時に伸ばして使います。

 

 

  • 毛糸を通すワイヤー

毛糸を通すワイヤー

 

半分に曲げて両先を曲げ返します。長さは10㎝くらいです。

 

 

 

毛糸の準備

約157㎝の長さを16本作り、両端は切らずに輪にしておきます。

毛糸用ワイヤーに挟み、10㎝×2の毛糸で両端を縛っておきます。

*毛糸の長さはご自分の使いやすい帯締めの長さにします。

 

毛糸をピンに通したところ

 

チューブ状の生地に通す時は、曲げ返した先を重ねます。

 

 

 

丸ぐけの作り方

準備完了したら、まずは生地の裁断です。

幅は5㎝です。

縫い代は余裕があります。多少のガタガタは問題ありません!

 

裁断したところ

1.裁断する。

 

 

柄合わせして継ぐ

2.半衿用生地で柄がある場合、真ん中で柄合わせをして継ぐ。

 

継ぎ合わせる時に全体の長さを調節します。

ポイント柄がある無地の場合も同様です。

 

 

長編を縫う、先端を接着する

3、表を裏に半分に折り、1㎝下がったところから1.5㎝幅ですべて縫う。

すべて縫ったら、先端から8㎜のところ(赤枠)を接着する。(後で切り落とします。)

8㎜のところを細かくしっかり縫っても可。

 

キセをかける

4、片側にわずかなキセをかけておく。

 

 

菜箸で生地の先端を押し込む

5、ひも状になった布の先端をくぼませる。菜箸で更に中に押し込むように返していく。10㎝ほど返す。

 

ワイヤーに差し換えたところ

6、ワイヤーに差し換えて、引き続き返していく。

 

 

 

先端を切り落とす

7、返し終わったら接着面を切り落とす

 

 

毛糸を通す

8、毛糸を通していく。

 

 

ピンを外す

9、先端まで通したらワイヤーを外す。

 

 

 

先端を縫う10、毛糸を少し引っ込めて、チューブの先端を1㎝折り返す。縦の縫い目がない方から縫い合せる。続いて縫い目のある方を縫い合わせる。糸を長めにして切る。

毛糸も一緒に縫い止めてしまいます。

 

 

出来上がり

はい、出来上がりです!

 

 

帯に結んでみました!

丸ぐけ結んだところ

 

一本目は考えながら作ったので半日かかりましたが、二本目は2時間ほどでできました。

皆さんもぜひ作ってみてください^^

 

 

>Online Kimono Lesson in English

Online Kimono Lesson in English

英語で着付けをしてみませんか?新しい世界が広がります。もっと知りたい!
Wouid you like to put on a kimono by yourself? Get more information!