秋よ来い!早く来い! というか、早く涼しくなってほしいですね。 着物をガンガン着れる秋、早く来ーい!    毎回「わたどう」の着物が楽しみです。

縫って初めてわかること.

もの作り魂に火が付き、着物を着るだけでは物足りなくなった。

浅草で反物を買った。

和裁の本を買って、DVDを見ながら見様見真似で縫った。

初めて縫ったウールの着物。ウールは意外に生地が動くので苦労した。

でも、だからこそ、

着物を作って初めてその価値が少しだけ分かったと思う。

 

初めて縫ったウールの着物

 

例えば着物1枚仕立てるのにもなかなか手間がかかる。

綿の反物なら水通しして糊を取り、半渇きでアイロンし生地の目を整える。

13 mもあるから疲れる。

柄合わせ、裁断、しるし付けでやっと縫いに入れる。

染や織からなら?

その前にカイコ育てて繭取って紡いで・・・なんて考えたら気が遠くなるわー。

(実は最近、そのようなことが現実にできるかもしれないという希望が!!!)

値段が高いものにはそれなりの理由があるし、逆に安い理由もある。

ただ単に「着物はみな高価!」なんて先入観を持たないようにね。

洋服と同様に着物もピンからキリまであるし、素材もさまざま。

 

ある日、上質な絹をまとった。

生地も良いが仕立ても良いのだろう。

絹が皮膚の一部になっているように感じた。

こころが震えた。

 

感動。

 

 

きもの雑記帳Recent Posts

>Online Kimono Lesson in English

Online Kimono Lesson in English

英語で着付けをしてみませんか?新しい世界が広がります。もっと知りたい!
Wouid you like to put on a kimono by yourself? Get more information!