補整より姿勢の私。 補整の知識が得られる本

私の中で久々のヒット本。

手ほどき七緒の高橋和江監修による十人十色の「補整術」だ。

高橋さんと言えば、着物の下着で実績のある「たかはしきもの工房」の女将ですね。

きもの未来塾のオープン講座で一度お会いしたことがあります。

本気で着物の未来を考えている方で、着物業界で私が密かに憧れる女性の一人です。

とてもエネルギーに満ちていらっしゃいます。

さて、この本で何が得られるのかと言うと、
 

着姿診断による自分に合った補整

七緒さん、いつもながらビフォーの着付けが極端に・・・です^^

その方が分かりやすいわね。

簡単タオル補整で腰辺りにパッドが必要かと試してみた。結果、やっぱり要らなかった。

姿勢を正して、裾よけによる脂肪の移動ですみました。

パッドが必要になる日はいつかしらー(笑)

こちらは来たる成人式着付けに活用します。

 

たかはしブランド下着の良さ

下着選びのポイントを知ることができる。

もちろん、この本の中でご自身の商品のアピールも怠っていません。

実は私持ってません。

裾除けは欲しい。

この本で裾除けを詳しく知りたかったこともあります。

 

 

布の特質を見極めてその力を利用する方法

これはいつも実践していることだが再認識できた。

着物地によって着方は違う。

「面を当てる」「摩擦力を利用する」に激しく同意。

 

 

自分に合ったサイズの着物の大切さ

これもいつも実感している。

ぴったりサイズは楽ちん!着付も着心地もね。

紐の数も少なくてOK!特に紬や綿はね。

 

 

姿勢の重要性

本書では裾除けで骨盤を締めてとあるが、

自分の場合、補整する前にまずは姿勢を正すべきと思う。

骨盤開きっぱなしなのよねー。姿勢を正すと二重顎にならないですしね。

一応壁に沿って立って見たところ、背中に”猫手”以下ではないと入らなかったので、

腰のそりすぎではないことが分かった。

裾除けではなく、男性着物の様に骨盤に掛けて腰紐を結べば骨盤矯正になるかな?

と考えたけど私の着物は殆ど身丈が若干長め。

それ以外にも支障がでる事があり、していない。

やっぱり、裾除けかな?

と言うわけで、おススメ本のご紹介でした。