面接試験の着物

皆さんは面接試験に着物で行ったことはありますか?

はい、私はあります。

着物は私にとって仕事着であり、勝負服でもあります。

気合が入ります!!

 

面接の着物 前

 

数年前、通訳案内士の面接試験に着物で臨みました。

少しでもアドバンテージ取ろうと思いまして(笑)

無地の結城に洋服地っぽい織のしゃれ袋帯です。

面接ということでダークスーツ風にコーディネート。

こだわりは帯揚げの柄部分。アクセントにしました。

実のところ、意外にも目立ってなかったかも?

何故かというと・・・
控室から面接会場に8名ほどで列をなしていくのですが、

私以外は同年代くらいで”われら外資系”風の男性ばかり。

見ればダークダックス・・・では無くみーんなダークスーツ。

「あ、まずったか・・・」と一瞬心を過りましたが、面接は各人ですからね。

もちろん、面接官さんには受けが良かったです。

 

結果、

着物パワーとそれまでの努力

で見事合格を手に入れました!

”きものを着られる”と自分の株も上がりますよ^^

さながらスーツは着物、帯はネクタイと言えそうですね。

 

面接の着物 後

 

こちらもお気に入りの帯。実は幼稚園の卒園式にも着ました。

呉服屋さんお勧めコーデでした。「上質の紬を色無地感覚できる」です。